アサリ生息環境調査

アサリ生息環境調査

県名佐賀県
研究機関名佐賀県有明水産振興センター
課題種別試験研究課題
研究期間継H27-H29
年度2016
概要目的:アサリ資源の回復を図るため、稚貝の着底促進や生残を高める手法について検討する。
成果:太良町地先をモデル地区とし、生息環境や稚貝の分布の現状把握を行った。また、確認した稚貝について、密度調整や食害防止等を実施することにより生残率が大幅に向上することを確認した。
研究分担資源研究担当・普及担当
予算区分受託
(農水省)
業績(1)多良川及び糸岐川河口干潟におけるアサリの個体群動態
(2)多良川及び糸岐川河口干潟におけるアサリの袋網収容及び移植の効果
(3)(短報)多良川及び糸岐川河口干潟における被覆網の敷設によるアサリの生残率の向上
(4)(短報)多良川及び糸岐川河口干潟におけるアサリの分布状況
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030242768
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat