新技術導入実証普及事業(いちご「ゆめのか」の肥培管理等による厳寒期草勢維持、春先品質低下対策実証、「アスパラガス」改植後の生育、収量調査及び改植技術の実証と品種比較による高収量有望品種の検討)

新技術導入実証普及事業(いちご「ゆめのか」の肥培管理等による厳寒期草勢維持、春先品質低下対策実証、「アスパラガス」改植後の生育、収量調査及び改植技術の実証と品種比較による高収量有望品種の検討)

県名長崎県
研究機関名長崎県農林技術開発センター
課題種別試験研究課題
研究期間継H27~29
年度2016
概要・ゆめのかの面積拡大に伴い、花芽分化の早進化技術の確立、厳寒期の株の停滞対策、病害虫防除等の課題において栽培技術の実証を行う。
・アスパラガスの改植が各地域で始まったこところであるが、改植後の収量等データに乏しいことから、改植技術の現地実証を行い普及を促進するとともに高収量有望品種の検討を行う。
研究分担野菜
予算区分県単
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030242810
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat