樹体管理による「あきづき」の果肉障害発生抑制技術の開発と体系化

樹体管理による「あきづき」の果肉障害発生抑制技術の開発と体系化

県名熊本県
研究機関名熊本県農業研究センター
課題種別試験研究課題
研究期間継H26~H30
年度2016
概要摘果時期の早晩、新梢摘芯の有無、果実被袋の有無等、異なる栽培条件下におけるナシ「あきづき」果実のコルク状障害発生程度を調査し、コルク状障害発生を抑制する栽培管理技術を明らかにする。また、明らかにした技術や共同研究機関の成果をもとにコルク状障害の発生しにくい栽培方法の体系化を行う。
成果:摘蕾および早期摘果によるナシ「あきづき」果実のコルク状果肉障害発生軽減
研究分担果樹研究所 落葉果樹研究室
予算区分受託(独立行政法人)
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030243041
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat