地域資源「大麦焼酎粕」活用技術の確立  ~普通作物・野菜における焼酎粕濃縮液の肥料成分利用技術の開発~

地域資源「大麦焼酎粕」活用技術の確立  ~普通作物・野菜における焼酎粕濃縮液の肥料成分利用技術の開発~

県名大分県
研究機関名大分県農林水産研究指導センター
課題種別試験研究課題
研究期間新H27-29
年度2016
概要目的:大麦焼酎粕濃縮液の特性把握や肥料効果について検討し、利用方法を確立する。
成果:TS50はWCS用水稲への基肥として600kg/10a施用することで、追肥無しで慣行化成体系よりも高い収量が得られた。二条大麦では、基肥および分げつ肥の代替としてTS50を600kg/10a施用することで、慣行と同程度の収量および品質が得られた。
研究分担水田農業チーム
予算区分県単
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030243108
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat