技術革新で目指せ「特A」宮崎米生産技術の確立 7)普通期水稲「おてんとそだち」の湛水深の管理及び栽植密度が収量・品質に及ぼす影響

技術革新で目指せ「特A」宮崎米生産技術の確立 7)普通期水稲「おてんとそだち」の湛水深の管理及び栽植密度が収量・品質に及ぼす影響

県名宮崎県
研究機関名宮崎県総合農業試験場
課題種別試験研究課題
研究期間完H26~28
年度2016
概要7)分げつ期以降から中干し時期までの深水(水深10~15 ㎝)管理の効果及び栽植密度の違いによる収量・品質の差は見られなかった。
研究分担作物部
予算区分県単
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030243266
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat