イチゴの安定生産及び新品種育成と栽培技術の確立

イチゴの安定生産及び新品種育成と栽培技術の確立

県名宮崎県
研究機関名宮崎県総合農業試験場
課題種別試験研究課題
研究期間新H28~31
年度2016
概要 育種は「こいはるか」の次の品種候補育成のための優良系統の作出・選抜に取り組んだ。具体的な育種目標としては、炭疽病抵抗性、強草勢、収量性に加えて、果皮の硬さなどの輸送性を重視した選抜を実施し、いくつかの系統を作出した。
 栽培は「こいはるか」の高設栽培における基肥量が生育、収量に及ぼす影響を明らかにした。「さがほのか」「こいはるか」の土耕栽培における株間の違いが生育収量に及ぼす影響を明らかにした。「みやざきなつはるか」の促成作型における一季成り性品種に適した電照処理が生育収量に及ぼす影響を明かにした。
研究分担野菜部
予算区分県単
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030243283
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat