日本一加工・業務用野菜産地を築く生産システムの開発

日本一加工・業務用野菜産地を築く生産システムの開発

県名宮崎県
研究機関名宮崎県総合農業試験場
課題種別試験研究課題
研究期間新H28~30
年度2016
概要 ホウレンソウでは、10月上旬播種での生育特性を検討するとともに、有望品種として「TSP526」を選定した。また、減肥や肥効パターンの異なる肥料を基肥とした場合の生育・収量に及ぼす影響を検討した
キャベツでは、4~5月収穫を目標とした被覆資材の検討を行った。
サトイモでは、副芽を利用したセル苗の利用技術の検討を行った。
研究分担畑作園芸支場
予算区分県単
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030243325
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat