消費者ニーズに応える宮崎発フローラルティの開発

消費者ニーズに応える宮崎発フローラルティの開発

県名宮崎県
研究機関名宮崎県総合農業試験場
課題種別試験研究課題
研究期間新H28~31
年度2016
概要 当支場とカワサキ機工(株)とで共同開発した萎凋機を用いて、紅茶と煎茶の製造法について検討した結果、高品質な茶生産の可能性が示唆された。
 品種育成については、良質煎茶品種×紅茶品種の交配方針で、5組合せ12,920花を交配することができた。
研究分担茶業支場
予算区分県単
業績(1)省力的で香りに優れる新香味茶生産を目的 とした萎凋機開発(第3報)
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030243333
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat