カンキツグリーニング病の省力多量検定技術およびより環境に配慮したミカンキジラミ防除技術の開発・実証

カンキツグリーニング病の省力多量検定技術およびより環境に配慮したミカンキジラミ防除技術の開発・実証

県名鹿児島県
研究機関名鹿児島県農業開発総合センター
課題種別試験研究課題
研究期間継H27~29
年度2016
概要新たに開発された新プライマー・簡易抽出器具および人工培養技術を用いたグリーニング病のより省力的で確度が高く,多量に処理できる診断技術を開発・実証するとともに,天敵糸状菌や高機能資材を利用したより環境に配慮したミカンキジラミ防除技術を開発・実証し,早期根絶を加速させる。
研究分担果樹部(環境研)
大島支場(病虫研)
予算区分受託
(独立行政法人)
業績(1)虫媒接種したカンキツグリーニング病病原細菌のカンキツ樹における樹体内分布
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030243518
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat