哺乳ロボットを活用した黒毛和種子牛の哺育管理技術の確立

哺乳ロボットを活用した黒毛和種子牛の哺育管理技術の確立

県名鹿児島県
研究機関名鹿児島県農業開発総合センター
課題種別試験研究課題
研究期間新H28~31
年度2016
概要哺乳ゲージ飼育による個体管理が可能な哺乳ロボットの導入による疾病率の減少及び省力管理技術を実証する。また,本ロボットによる個体に応じた適切な哺乳期間,哺乳量等の哺乳体系の確立を図る。
研究分担畜産試験場(肉用牛研)
予算区分受託
(大学)
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030243596
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat