農産物の付加価値を高める加工技術の研究・開発 機能成分等を生かした高次加工技術の研究・開発 4 過熱水蒸気によるでん粉の湿熱処理技術

農産物の付加価値を高める加工技術の研究・開発 機能成分等を生かした高次加工技術の研究・開発 4 過熱水蒸気によるでん粉の湿熱処理技術

県名鹿児島県
研究機関名鹿児島県大隅加工技術研究センター
課題種別試験研究課題
研究期間継H27~H31
年度2016
概要目的:サツマイモでん粉の用途拡大を図るため,異なる処理条件(水分等)で過熱水蒸気処理を実施した湿熱処理でん粉について,粘度特性及びゲル特性を評価する。
成果:過熱水蒸気及びドラムドライでα化したサツマイモでん粉について,でん粉糊の付着性や流動特性を調査した結果,過熱水蒸気処理やドラムドライ処理のでん粉は,でん粉糊の付着性が小さく,流動性が大きい特性を示した。一方,過熱水蒸気処理のでん粉は,ドラムドライ処理のでん粉よりも貯蔵弾性率が大きく,ゲル形成能は高いことが示唆され,介護食等への応用が可能と考えられた。
研究分担大隅加工技術研究センター
予算区分県単
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030243609
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat