チャノキイロアザミウマの基礎生態解明 (1)チャノキイロアザミウマの野生寄主

チャノキイロアザミウマの基礎生態解明 (1)チャノキイロアザミウマの野生寄主

県名沖縄県
研究機関名沖縄県農業研究センター
課題種別試験研究課題
研究期間継H26-28
年度2016
概要目的:マンゴーの最重要害虫であるチャノキイロアザミウマの防除の基礎資料となる野生寄主植物を明らかにする。
成果:沖縄本島、宮古島、石垣島のマンゴー栽培施設内の雑草16種からチャノキイロアザミウマ成幼虫が発見され、特にキダチコミカンソウが発見頻度と寄生頻度がともに高く、重要な野生寄主であることが示唆された。
研究分担病虫管理技術開発班
予算区分県単
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030243717
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat