亜熱帯地方での追加立茎・親茎更新技術の適用による長期取り新作型の開発 3 沖縄での追加立茎・親茎更新法の適用による長期どり新作型の開発 2)沖縄県におけるアスパラガス経営安定モデルの作成

亜熱帯地方での追加立茎・親茎更新技術の適用による長期取り新作型の開発 3 沖縄での追加立茎・親茎更新法の適用による長期どり新作型の開発 2)沖縄県におけるアスパラガス経営安定モデルの作成

県名沖縄県
研究機関名沖縄県農業研究センター
課題種別試験研究課題
研究期間継H27~29
年度2016
概要沖縄県は、年間を通してアスパラガスの萌芽が可能な温度条件を有するが、夏季の台風対策や冬季の低収量等の課題がある。そこで、台風襲来時期の追加立茎・親茎更新による国産アスパラガス端境期を含む10月~5月の長期取り新作型の開発を検討している。しかし、沖縄県におけるアスパラガスの栽培事例は少なく、開発予定の技術導入時に参考となる経営指標等のデータがない。そこで、開発予定の作型の収益性を明らかにし、経営安定モデルを作成する。
研究分担農業システム開発班
予算区分受託
(農林水産業・食品産業科学技術研究推進事業)

パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030243730
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat