スイートコーン害虫に対する効率的防除体系の確立

スイートコーン害虫に対する効率的防除体系の確立

県名北海道
研究機関名地方独立行政法人北海道立総合研究機構農業研究本部道南農業試験場
課題種別試験研究課題
研究期間完了H27~29
年度2017
概要〇研究の目的: 害虫による被害が大きいスイートコーンの8、9月どり栽培において、被害実態を明らかにし、効率的な防除体系を確立する。
〇研究内容
 1)アブラムシに対する効率的防除法の開発(H27~28年度) 
 2)鱗翅目害虫による被害実態の把握と効率的防除法の開発(H27~29年度) 
 3)主要害虫の体系的防除の確立(H28~29年度)
〇成果概要: 1)アブラムシに対して雌穂被害抑制効果が認められたのは、ネオニコチノイド系薬剤(アセタミプリド液剤、イミダクロプリド水和剤DF、チアメトキサム水溶剤SG)、次いで有機リン系薬剤(アセフェート水和剤)であった。薬剤散布2回とした場合、雌穂寄生抑制効果が高かったのは、絹糸抽出期とその7~10日後の散布であった。
2)アワノメイガは年2回の発生であることが明らかとなり、1回目の成虫発生ピークは6月下旬~7月中旬、2回目は8月下旬~9月上旬であった。被害は6月下旬から始まり、7月中旬以降拡大した。7月上旬と中旬の10日間間隔2回散布で、その後の被害も抑制し、防除効果が高かった。
3)アワノメイガによる茎・雄穂被害防止に対してフルバンジアミド水和剤DF、カルタップ水溶剤、ペルメトリン乳剤が効果があり、クロラントラニリプロール水和剤Fは茎・雄穂に加えて雌穂被害防止効果も高かった。
4)オオタバコガ成虫の初発は5月下旬~9月中旬と、年次間・圃場間でばらつきが大きかった。7月から徐々に誘殺数が増え、8月以降誘殺数が増加する傾向があった。幼虫は7月中旬~9月中旬に確認された。
5)室内検定で、オオタバコガ5~6齢幼虫に対して効果が認められた薬剤は、人工飼料浸漬法によりオオタバコガ幼虫に対する薬剤の効果を評価した結果、2~3齢幼虫に対する試験で効果が認められたのは、フルベンジアミド水和剤DF、クロラントラニリプロール水和剤DF、エマメクチン安息香酸塩乳剤、レピメクチン乳剤であった。
6)ヨトウガの1回目の成虫発生ピークは6月下旬、2回目のピークは8月中旬~9月上旬であった。幼虫による茎葉の食害は2014年6月下旬のみ確認され、多発時のみ防除が必要であった。
7)アブラムシに対する防除に鱗翅目害虫対象の防除を組み合わせた体系は、アブラムシとアワノメイガによる被害抑制に有効であった。
研究分担研究部生産環境グループ
予算区分道単
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030244701
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat