障害に強く高品質で安定生産可能な北海道米品種の開発促進  3.品種育成期間短縮のための大型水田温室を利用した世代促進

障害に強く高品質で安定生産可能な北海道米品種の開発促進  3.品種育成期間短縮のための大型水田温室を利用した世代促進

県名北海道
研究機関名地方独立行政法人北海道立総合研究機構農業研究本部道南農業試験場
課題種別試験研究課題
研究期間継H26~31
年度2017
概要〇研究の目的: 水稲品種開発において、用途に応じた品種を迅速に提供するため、品種育成期間を短縮させる。
〇研究内容: 1)育成材料の世代促進(H26~31年度) 
・ねらい:水稲育種材料を大型水田温室において年2回栽培することにより品種育成期間を短縮する。 ・供試材料:中央及び上川農業試験場で交配し、冬季養成したF2雑種集団(上川農試55組合せ,中央農試54組合せ)。 ・栽培時期:4月~7月(F2世代)、8月~11月(F3世代)
〇成果概要: Ⅰ期作:病害、不稔等障害の発生は見られず、播種量の少ない組合せを除いて十分な種子量を得た。 Ⅱ期作:事前に協議を行い、101組合せを供試した。不稔・倒伏・いもち病は発生せず十分な種子量を得た。
研究分担研究部地域技術グループ
予算区分道単
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030244707
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat