温暖化が草地の収量低下に及ぼす影響と更新による収量安定化技術

温暖化が草地の収量低下に及ぼす影響と更新による収量安定化技術

県名北海道
研究機関名地方独立行政法人北海道立総合研究機構農業研究本部根釧農業試験場
課題種別試験研究課題
研究期間継H27~31
年度2017
概要草地更新に係る複数工法(完全更新、表層撹拌法、作溝法)について、更新直後の収量改善効果と経年変化パターンを仮定し、各々の工法を何年間隔でどのように組み合わせれば、収量を最大化できるか、単位収量当たりコストを最小化できるか、数値シミュレーションで明らかにする。
研究分担根釧飼料
予算区分受託(独法)
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030244845
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat