国際水産資源変動メカニズム等解析事業(サンマ)

国際水産資源変動メカニズム等解析事業(サンマ)

県名北海道
研究機関名地方独立行政法人北海道立総合研究機構水産研究本部釧路水産試験場
課題種別試験研究課題
研究期間
H28~H32
年度2017
概要北太平洋全域に分布するサンマの資源量は、調査船による漁期前調査の結果に基づき推定されている。このうち漁期中に日本近海へ来遊する量の評価は、現在は漁業データのみに基づき行われており、評価精度の向上が求められている。そこで、より詳細な来遊量を把握するために、定量的な漁況予測を行うためのモデル開発を行うことを目的とする。
研究分担調査研究部
予算区分受託(水産庁)
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030245097
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat