エクステリア用塗装木材の耐候性向上に関する研究

エクステリア用塗装木材の耐候性向上に関する研究

県名北海道
研究機関名地方独立行政法人北海道立総合研究機構森林研究本部林産試験場
課題種別試験研究課題
研究期間継28-30
年度2017
概要目的:銅化合物処理を用いた木材表層の改質と塗装の組み合わせにより,塗装木材の耐候性能を改善するための表面処理方法を確立する。
期待される成果:銅化合物処理が適応可能な塗料の種類、銅の残存性に関する知見を蓄積するとともに、銅化合物処理が色調変化に与える影響を明らかにする。既存の木材用塗料の耐候性能を約2倍(基準:促進劣化処理時間)延命する表面処理条件の確立を目指す。木製エクステリア製品の開発の際に,木質感を損なわずに維持補修費の低減を図る表面処理方法のひとつとして本成果を活用する。
研究分担保存グループ
予算区分道単
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030245247
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat