1. 気象変動等に対応した持続的なりんごの高品質安定生産技術に関する研究  1) 気象変動に対応可能な栽培管理技術の開発   (5) 日焼け防止方法の検討    イ.サンバリア     (イ) 遮光時期の検討

1. 気象変動等に対応した持続的なりんごの高品質安定生産技術に関する研究  1) 気象変動に対応可能な栽培管理技術の開発   (5) 日焼け防止方法の検討    イ.サンバリア     (イ) 遮光時期の検討

県名青森県
研究機関名地方独立行政法人青森県産業技術センターりんご研究所
課題種別試験研究課題
研究期間継H27~30
年度2017
概要目的:サンバリアの散布時期の目安とするため、遮光時期の違い(8月、9月、10月、無処理)が「ふじ」の日焼け及び陽向面やけに及ぼす影響を明らかにする。
成果:日焼けの発生は区による差がなかった。陽向面やけの発生果率は10月遮光区が他区に比べ低く、日射が「ふじ」の陽向面やけに最も影響する時期は10月と示唆された。
研究分担栽培部
予算区分県単
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030245380
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat