加工・業務用野菜の導入・定着条件の解明と安定生産技術の確立

加工・業務用野菜の導入・定着条件の解明と安定生産技術の確立

県名宮城県
研究機関名宮城県農業・園芸総合研究所
課題種別試験研究課題
研究期間完H26~29
年度2017
概要目的:加工・業務用野菜の導入・定着条件を解明するとともに,機械化一貫栽培体系及び輪作体系等を取り入れた土地利用型経営モデルの提示を行う。また,需要拡大が見込まれる品目について,ニーズに合致した品種及び作型の検討を行うとともに,安定供給を目指した生産技術を確立する。
成果:加工・業務用野菜(加工用トマト,7月どりキャベツ,加工・業務用ホウレンソウ)の生産体系が確立された。生産者自らが生産コストを試算できるシミュレーションシートを作成した。
研究分担情報経営部
予算区分県単
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030245778
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat