キュウリ及びズッキーニに発生する複数種ウイルスを完全防除する混合ワクチンの開発

キュウリ及びズッキーニに発生する複数種ウイルスを完全防除する混合ワクチンの開発

県名宮城県
研究機関名宮城県農業・園芸総合研究所
課題種別試験研究課題
研究期間完H27~29
年度2017
概要目的:CMV及びWMV弱毒株を混合製剤化して速やかに農薬登録し,ウリ科作物で大きな被害をもたらしている主要な3種ウイルス(ZYMV,CMV,WMV)を完全に防除できるワクチンを実用化する。
成果:CMV・WMV混合ワクチン接種株の利用により,長期にわたり安定してキュウリ生産ができることを明らかにした。CMV・WMV混合ワクチンと既製のZYMVワクチンの混用効果は今後検証する。
研究分担バイオテクノロジー開発部
予算区分受託(地方公共団体)
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030245791
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat