国産小果樹類の新規市場開拓のための省力生産技術・加工品の開発

国産小果樹類の新規市場開拓のための省力生産技術・加工品の開発

県名秋田県
研究機関名秋田県果樹試験場
課題種別試験研究課題
研究期間完H24~29
年度2017
概要目的:小果樹類の安定生産のため各種病害虫に対する防除技術を検討する。
成果:レッドカーランツの茎枯病および落葉性病害(灰色かび病、炭疽病、茎枯病)の生態を明らかにするとともに、防除効果の高い殺菌剤としてオキシラン水和剤を選抜した。スグリ茎枯病については被害枝の剪除処理を定期的に行うことによる耕種的防除法の効果が高いことを明らかにした。
研究分担品種開発部・生産技術部
予算区分受託(独立行政法人)
業績(1)フサスグリ葉の褐変部から分離されたNeofusicoccum 属菌について(講要)
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030245995
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat