モモ・ナシの高品質・安定生産を実現する病害防除技術体系の実証試験

モモ・ナシの高品質・安定生産を実現する病害防除技術体系の実証試験

県名秋田県
研究機関名秋田県果樹試験場
課題種別試験研究課題
研究期間継H28~31
年度2017
概要目的:ナシ黒星病の主な伝染源である罹病落葉を効率的かつ省力的に処理(土中埋没等)するため、ロータリーを主体に補助器具(ブロワー等)を組み合わせたすき込み方法を検討し、最も適した耕深や走行方法を明らかにする。
成果:男鹿市の現地試験圃場において落葉処理を行った結果、春型病斑や収穫前の発病果率が低下した。また、落葉処理効果の適切な評価と、現場普及の基礎資料とするため、現地試験圃場および県内ナシ産地から採取した黒星病のDMI剤等に対する耐性菌検定を行った。
研究分担天王分場班・生産技術部
予算区分受託(独立行政法人)
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030245998
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat