耕畜連携の強化による飼料コスト低減化技術の現地実証 (「革新的技術開発・緊急展開事業」(うち地域戦略プロジェクト))

耕畜連携の強化による飼料コスト低減化技術の現地実証 (「革新的技術開発・緊急展開事業」(うち地域戦略プロジェクト))

県名秋田県
研究機関名秋田県畜産試験場
課題種別試験研究課題
研究期間
(H28)

(H30)
年度2017
概要
○研究の目的
 日本一の水田地帯である東北の利点を生かし、耕種農家から産出される自給飼料を安価に効率的に畜産農家に提供する
技術の普及を図る。
 特に、全国に先駆けて東北地域で開始された転換畑での子実用トウモロコシ生産を今後の有望な自給飼料ととらえ、これ
を支える技術を普及させ、飼料米とともに安価な国産飼料供給システム構築の礎にする。
 さらに子実トウモロコシや飼料用米に組み合わせて活用できる自給可能な高タンパク質飼料「大豆ホールクロップサイレー
ジ」の供給実証試験を行うとともに、東北地域に存在する稲わら等の低利用資源や、過湿転換畑等の低利用の生産基盤を活
用して、より安価で安定した稲わら供給および耐湿性牧草の生産技術も合わせて普及させ、耕畜連携を一層強化して自給飼
料の安定供給に貢献する。

○試験計画(秋田県畜産試験場分)
 (1)子実用トウモロコシ栽培現地実証
   大潟村農家現地圃場での子実用トウモロコシの栽培試験。堆肥を活用した低コスト栽培について実証。
 (2)比内地鶏への給与技術の開発
   中期~仕上げ期(5週齢~23週齢)の比内地鶏雌に対し、トウモロコシ子実と配合飼料を代替する飼養試験を行い、
  飼料摂取量,日増体量, 解体成績を調査する。
 (3)プレミアム比内地鶏生産現地実証
  由利本荘市の比内地鶏生産農家において、トウモロコシ子実と配合飼料を代替する飼養試験を行う。

○実績・成果既往の成果
 (1)排水対策(明渠・暗渠)の施工と畝立て播種を組み合わせる事により増収する。
(2)堆肥連年多施用による飼料用トウモロコシ栽培においても、生育・収量・飼料成分に影響は認められない。
  また、堆肥施用量に伴って残存土壌養分は増加するものの、上積み蓄積は認められない。
(3)中期から仕上げまで、一貫して場内で生産した子実トウモロコシを活用した自家配合飼料による給与試験を実施。
  増体にわずかなばらつきは認められるが、生育および肉質に影響は認められない。
研究分担飼料・家畜研究部、比内地鶏研究部
予算区分受託
(独立行政法人)
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030246023
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat