飼料用米給与による早期若齢肥育技術の開発

飼料用米給与による早期若齢肥育技術の開発

県名秋田県
研究機関名秋田県畜産試験場
課題種別試験研究課題
研究期間
(H27)

(H31)
年度2017
概要○研究の目的
 昭和45年から続いた水田減反政策が縮減され、全国的に家畜への飼料用米給与が進行する中、食料米依存型の本県としても稲作と畜産の有機結合、連携強化を図る必要がある。
 今回、肥育牛への飼料用米給与を前提に、現行の肥育期間を4から5ヶ月間短縮することにより経営の効率化(繋養牛の
回転率アップと集中管理)を意図した、牛肉生産システムの構築により、秋田県肉用牛の生産振興に資する。
○試験計画
 (1)早期肥育実証試験 (H27~31)
 (2)農家における飼養管理状況聞き取り調査(H30~31)
○実績・成果既往の成果(~H29)
 (1)日中母子分離による強化哺乳法の確立
   概ね3ヶ月齢まで母子分離による代用乳で哺乳強化した牛の発育性は、自然哺乳区よりもよい傾向が見られた(表1)。
 表1 体重の推移   (単位:kg)
 区  頭数 出生時 3ヶ月齢 5ヶ月齢 10ヶ月齢
哺乳強化 6 33.9±4.2 125.8±11.9 217.0±34.3 335.4±23.5
自然哺乳 6 34.8±2.9 110.6±21.2 207.4±26.9 317.0±32.5
平均値±標準偏差
(2)早期肥育実証試験
  哺乳強化試験に供した牛について、概ね8ヶ月齢から24ヶ月齢まで肥育し、哺育期の哺乳強化が枝肉成績に与える影響を
 調査した。
  哺乳強化区は、自然哺乳区に比べて 枝肉重量が大きくなる傾向が見られた(表2)。
 表2 枝肉成績 (単位:kg、cm2)
  区   頭数  枝肉重量     ロース芯面積   BMS No.
哺乳強化  6 479.4±17.1 60.4±6.5    7.0±2.5
自然哺乳 6 449.1±24.6    58.7±4.8    7.9±1.9
  平均±標準偏差
研究分担飼料・家畜研究部
予算区分県単
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030246025
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat