山形牛の能力を引き出すための肥育ステージ別飼養管理技術の確立

山形牛の能力を引き出すための肥育ステージ別飼養管理技術の確立

県名山形県
研究機関名山形県農業総合研究センター畜産試験場
課題種別試験研究課題
研究期間継H29~30
年度2017
概要目的:山形牛の能力を引き出し枝肉格付向上に繋げるために、超音波画像診断技術を用いて枝肉形質の発達過程を系統別に把握するとともに、給与飼料や血液検査データ等との関連を分析して「山形牛の枝肉形質発育表」を作成・普及する。
成果:黒家和牛雌肥育牛の出荷前生体の左側第6・7肋間のエコー画像および動画と枝肉の同部切開面写真を対応させたBMSNo.別画像データベースを作成した。また、僧帽筋のエコー画像から「筋炎(シコリ)の有無を推定可能である。
研究分担家畜改良部
予算区分県単
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030246136
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat