ケイ酸強化くん炭モミガラ堆肥生産技術の開発

ケイ酸強化くん炭モミガラ堆肥生産技術の開発

県名山形県
研究機関名山形県農業総合研究センター畜産試験場
課題種別試験研究課題
研究期間継H28~30
年度2017
概要目的:カントリーエレベーターから排出される、くん炭モミガラ(モミガラ低温燃焼灰)を副資材として乳牛糞尿に混合し堆肥化することによって、溶解されやすいケイ酸を付加した堆肥生産技術を確立する。                          成果:くん炭、モミガラを副資材とした乳牛糞堆肥では、副資材中の混合割合の違いによって容積重や温度は異なる推移を辿るものの、pHと易分解性有機物残存率は、ほぼ同じ推移で経過した。堆肥のケイ酸溶出量はいずれも土壌のみと比べ増加したが、副資材の違いによる大きな差はなかった。堆肥製造原料の各種家畜糞及びくん炭を乾燥したものを湛水培養したところ、乳牛糞と肥育牛糞は豚糞に比べケイ酸溶出量が多かった。成熟期稲体中のケイ酸濃度は、茎葉ではモミガラ堆肥区及びくん炭堆肥区が慣行区比で1ポイント以上高かった。また、籾ではくん炭堆肥区が慣行区より0.6ポイント高かった。
研究分担草地環境部
予算区分県単
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030246152
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat