内水面重要魚種(アユ、サクラマス)の資源動向及び河川環境モニタリング

内水面重要魚種(アユ、サクラマス)の資源動向及び河川環境モニタリング

県名山形県
研究機関名山形県内水面水産試験場
課題種別試験研究課題
研究期間継H27~31
年度2017
概要目的:重要魚種であるアユとサクラマスおよび河川環境について中長期のモニタリングを実施することにより、資源動向、環境の変化を把握し、対応した措置を検討、提案する。
成果:
 アユ ①3河川において投網により遡上アユを採捕し、CPUEの変化から資源量を推定し、ホームページで公開した。②鼠ケ関川において遡上数、親魚数、流下仔魚数を調査し、アユ生命表のデータを積み重ねた。③最上川における流下仔魚調査で、10月下旬の台風による増水のため卵が流されたと推測され、総流下仔魚数は昨年の半分であった。④親魚保護のための禁漁の効果を把握するため、禁漁中の産卵に由来する流下仔魚数を求めた。⑤平成23~27年におけるアユ不漁の原因として、水深5mの海水温が23℃以上と仔魚の生存に適さない水温であったことが明らかになった。
 サクラマス ①サクラマス釣獲に関する聞き取り調査を行い、2漁協から回答を得た。②山形大学農学部と共同で産卵親魚のテレメトリー調査のための発信機装着試験を行った。③五十川とその支流の流域におけるサクラマス産卵床の数を計数し、増減の推移を把握した。
研究分担資源調査部
予算区分県単
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030246174
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat