県産広葉樹資源活用のための特質解明と新たな用途開発

県産広葉樹資源活用のための特質解明と新たな用途開発

県名山形県
研究機関名山形県森林研究研修センタ-
課題種別試験研究課題
研究期間新H29~31
年度2017
概要目的: 県産広葉樹の特質を踏まえ、新たな用途を開発する。
成果:県内で広葉樹を取り扱う企業に聞き取り調査を行った結果、新たな用途としてはフローリング等の内装材が挙げられ、また、活用が期待される樹種はナラ、、ケヤキ、ブナ、クルミ、サクラであった。
研究分担森林資源
利用部
予算区分国庫:交付金(農林水産省)
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030246191
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat