タケ類の放射性物質移行実態の把握と低減化技術の開発

タケ類の放射性物質移行実態の把握と低減化技術の開発

県名福島県
研究機関名福島県林業研究センター
課題種別試験研究課題
研究期間H26-H29
年度2017
概要目的:タケノコの放射性Cs濃度の推移状況を把握するとともに、竹林施業による放射性Cs汚染軽減効果を確認し、早期の出荷制限解除につなげる。
成果:竹林への施業によるタケノコの放射性Cs濃度低減効果について調査した。その結果、平成23年から平成25年に施業した試験区において施業をしていない区に比べてタケノコの137Cs濃度は低くなった。
研究分担林産資源部
予算区分県単
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030246336
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat