AIを活用した病害虫早期診断技術の開発

AIを活用した病害虫早期診断技術の開発

県名新潟県
研究機関名新潟県農業総合研究所園芸研究センター
課題種別試験研究課題
研究期間新H29-33
年度2017
概要目的:新規就農者や普及指導員等が、農業現場で自らタブレット端末等を用いて病害虫を診断し、対策を講ずることを支援するための技術を開発する。診断対象品目はナス、トマト、キュウリ、イチゴとし、新潟県はトマト病害虫の診断システムの開発を担当する。
期待される成果:農業現場で利用可能なAIを利用した新たな病害虫診断システムが開発される。
研究分担環境・施設科
基盤研究部
他県公設試等
予算区分受託(独立行政法人)
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030246436
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat