各種有機物の特徴を生かした田畑輪換土壌の修復

各種有機物の特徴を生かした田畑輪換土壌の修復

県名新潟県
研究機関名新潟県農業総合研究所畜産研究センター
課題種別試験研究課題
研究期間継H27~31
年度2017
概要目的:有機物による土壌修復効果を化学分析値で評価できるように指標化する。さらに、効果が特徴的な有機物を大豆栽培等の田畑輪換により劣化したほ場に施用し修復効果を検証する。
成果:窒素肥沃度増加効果(土壌有機態窒素増加効果)は推定非有効態窒素により評価できることを示し、連用試験で検証した。これにより3つの修復効果が指標化できたので、肥料効果と併せてデータベース化を進め、各有機物について大まかな特徴を示した。また、連用試験において物理性改善指標の検証を進めつつあり、ADFとしての施用が空隙率と保水性の改善に効果的であることを示した。
研究分担畜産研究センター、基盤研究部、作物研究センター
予算区分受託(独立行政法人)
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030246451
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat