スギ花粉症対策事業

スギ花粉症対策事業

県名富山県
研究機関名富山県農林水産総合技術センター
課題種別試験研究課題
研究期間継H9-
年度2017
概要・県内13カ所の観測定点当たり20本の着花指数について調査し、翌年の飛散量を予測した。 
・休眠打破後の積算温度により、花粉飛散開始日を予測するとともに、翌日の気象予報やスギ林の開花状況、県内7箇所での空中花粉観測点からの花粉数の報告などを基に、翌日の空中花粉数を4段階で予測した。
・着花指数によるH29年の総花粉飛散量の予測値は4,000個/cm2程度だったため、平年(2,933個)よりやや多くなると予測された。5月中旬に富山市内の観測点7箇所の実測値を集計した結果、その平均値は4,044個/cm2となり、ほぼ予測通りになった。2月24日に開花が確認され、気象情報やスギ林の開花状況などをもとに翌日の花粉飛散数を4段階に分けて予測した結果、70%程度の正答率だった。作成したスギ花粉情報はFaxやインターネットを通して報道機関、医療機関、県民に提供した。
研究分担森林資源課
予算区分県単
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030246635
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat