スギ間伐材による新しい良施工性治山用木製品の開発

スギ間伐材による新しい良施工性治山用木製品の開発

県名富山県
研究機関名富山県農林水産総合技術センター
課題種別試験研究課題
研究期間H28~30
年度2017
概要海岸部保安林において、海岸の砂地を森林で被覆することにより飛砂の発生を防止し、内陸部における土地の高度利用、住民の生活環境の保護のため、クロマツ苗を植栽し、海岸森林の復元を図る事業を実施している。施工地は海水浴場に隣接した箇所であり、苗を強風や潮害から守るために設置する防風柵について、景観に配慮した木製防風柵を新たに設計した。本研究では防風柵の性能を検証し、結果に基づいて防風柵の改善を行うことを目的としている。
 施工地では、2017年10月に上陸した台風21号に合わせて風速計を設置し、観測を行った。風速計は、海側から防風柵の前後に直線上に計9台設置し、 その結果最大風速時の防風柵の風下側では、最大約8割の減風効果が見られた。また、柵を2列設置したことにより、風下側の効果範囲内の風速が6割程度押さえられていた。
研究分担木質構造課
予算区分県単(治山公共事務費)
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030246675
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat