魚病対策研究

魚病対策研究

県名富山県
研究機関名富山県農林水産総合技術センター
課題種別試験研究課題
研究期間継H15~
年度2017
概要目的:増養殖対象種への伝染性疾病による被害を低減させるため、魚病被害等調査、防疫対策定期パトロール、魚病検査を実施する。また、食品としての安全な養殖魚を生産指導するため、医薬品適正使用対策を実施する。 
得られた成果:
1)平成29年度の県内増養殖施設において発生した疾病は、以下のとおりであった。
 サケ科魚類:細菌性鰓病、イクチオボド症、サケジラミ症、真菌症、ガス病
アユ:異型細胞性鰓病、冷水病、真菌症、コツキ
アカムツ:滑走細菌症
2)依頼により実施した保菌検査結果は以下のとおりであった。
 クルマエビの急性ウイルス血症:陰性
 ヒラメのKudoa septempunctata感染症:陰性
 キジハタのウイルス性神経壊死症:陰性
 サクラマスの細菌性腎臓病:陰性
 サクラマスのアニサキスおよび日本海列頭条虫:陰性
 アユの冷水病:一部のサンプルで陽性
研究分担内水面課
予算区分補助(水産庁)
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030246686
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat