福地鶏の生産性向上対策

福地鶏の生産性向上対策

県名福井県
研究機関名福井県畜産試験場
課題種別試験研究課題
研究期間29
年度2017
概要目的:平成29年度から本県地域ブランドとして卵肉兼用の福地鶏の生産と卵の販売を開始したが、生産現場において尻つつき等の悪癖が発生した。今後、肉の生産も予定されており、肉量や肉質への影響が懸念された。そこで農家個々の生産状況を調査し、悪癖防止技術を確立する。
成果:悪癖発生は、飼養密度が5羽/㎡以上で認められた。止まり木の長さが20cm/羽以下で発生が認められた。
研究分担養豚鶏卵研究G
予算区分県単
業績(1)福地鶏の生産性向上対策
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030246781
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat