ミズナ周年栽培圃場における立枯れ症の発生実態の解明と土壌消毒効果の実証

ミズナ周年栽培圃場における立枯れ症の発生実態の解明と土壌消毒効果の実証

県名茨城県
研究機関名茨城県農業総合センタ-園芸研究所
課題種別試験研究課題
研究期間継続
H28~30
年度2017
概要目的:周年栽培のミズナ現地圃場で発生する立枯れ症について、発生消長および症状を引き起こす病原菌を分離し発生実態を明らかにする.
成果:現地で発生した立枯れ症の分離を行った結果、萎凋病菌Fusarium oxysporum とリゾクトニア病菌Rhizoctonia solani が主な原因と考えられた.
研究分担病虫研究室
予算区分県単
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030246859
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat