大豆の多収阻害要因の実態解明による多収栽培支援マニュアルの策定

大豆の多収阻害要因の実態解明による多収栽培支援マニュアルの策定

県名茨城県
研究機関名茨城県農業総合センター農業研究所
課題種別試験研究課題
研究期間継H27~31
年度2017
概要目的:大豆の収量に及ぼす土壌の物理・化学性や病害虫・雑草等の影響を実態調査により明らかにし,大豆の多収阻害要因を解明する。
結果:県内10圃場の生産実態調査を行ったところ,主な多収阻害要因は圃場の排水不良による湿害や播種の遅れであることを明らかにした。特に播種後~生育初期の圃場排水性は発芽や苗立ちにとって重要で,生育中期以降よりも収量に影響しやすいことを明らかにした。
研究分担環境・土壌研究室
予算区分受託(農林水産省)
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030246886
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat