デヒドロエピアンドロステロンを用いた牛体内胚採取成績向上に関する試験研究

デヒドロエピアンドロステロンを用いた牛体内胚採取成績向上に関する試験研究

県名茨城県
研究機関名茨城県畜産センター
課題種別試験研究課題
研究期間継H28~H32
年度2017
概要目的:デヒドロエピアンドロステロン(DHEA)は性ホルモンの前駆物質であり,様々効果が認められている。そこで,黒毛和種繁殖雌牛におけるDHEAと体内胚採取成績の関連性を分析し,DHEAの投与により体内胚採取成績を向上させ,より効率的な体内胚採取方法を確立する。
成果:LC/MS/MS法による測定では,DHEA及びDHEA-Sが測定可能であり,130検体を用いて分析中。
研究分担飼養技術研究室
予算区分国庫補助(文部科学省)
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030246923
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat