飼料用籾米を中心とした国産飼料資源の利活用試験 -黒毛和種育成牛における給与試験-

飼料用籾米を中心とした国産飼料資源の利活用試験 -黒毛和種育成牛における給与試験-

県名茨城県
研究機関名茨城県畜産センター肉用牛研究所
課題種別試験研究課題
研究期間継27~30
年度2017
概要目的:飼料用籾米はCPが低いため,豆腐粕サイレージと混合したものを,再度サイレージ化し,黒毛和種育成牛への給与方法を確立する。
成果:試験区①(配合飼料の30%代替給与:n=7),試験区②(配合飼料の40%を代替給与:n=1),対照区(配合飼料給与:n=7)を4ヶ月齢から8ヶ月齢まで給与試験実施。試験区①は対照区と比較し,増体重・飼料効率ともに差はなし。試験区②は対照区と比較し,増体重・粗飼料摂取量が低下傾向。
研究分担飼養技術研究室
予算区分県単
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030246935
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat