温暖化に対応した天敵類の活用による微小害虫防除技術の開発

温暖化に対応した天敵類の活用による微小害虫防除技術の開発

県名群馬県
研究機関名群馬県農業技術センター
課題種別試験研究課題
研究期間完H27~29
年度2017
概要(目的)
 露地ナスではアザミウマ類、ハダニ類の発生が増加し被害が問題となっている。アザミウマ類については土着天敵の活用が進んでいるが、ハダニ類については薬剤散布しているが、対応に苦慮している。そこで、露地ナスのハダニ類に対する土着天敵の探索及び防除効果の検討を行い、天敵類を活用したハダニ類防除技術を開発する。

(目標)
・天敵類を活用した省力的なハダニ類防除技術を開発する。
研究分担病害虫係
予算区分県単
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030247149
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat