アユ冷水病対策研究

アユ冷水病対策研究

県名群馬県
研究機関名群馬県水産試験場
課題種別試験研究課題
研究期間完H26~29
年度2017
概要目的:
 本県では冷水病防疫対策指針を策定するなどアユ冷水病の被害低減に長年取り組み一定の成果をあげている。しかし、神流川では毎年冷水病が発生し、特に近年はアユ釣り解禁前から発生が見られるなど被害が拡大傾向にある。そこで、同河川における冷水病の実態を調査し、今後の冷水病被害低減に役立てる。

成果:
・河川放流用アユ種苗の保菌検査で、県外種苗は陽性を確認した。
・河川生息魚の保菌検査では、アユと他魚種で陽性を確認した。
・収集した冷水病原因菌の遺伝子型判別により、神流川で発生している冷水病菌のタイプを分類した。
・冷水病耐性のアユ種苗は放流試験で、冷水病による死亡が従来種苗より減少することを確認した。
研究分担水産環境係
予算区分国庫補助(文科省)
業績(1)冷水病原因菌の血清型を決定する遺伝子構造の解析と感染疫学マーカーの開発
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030247203
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat