Ⅰ 経営の規模拡大や収益力の強化に向けた研究の推進 [3] 野菜の高品質・高生産技術の確立 1 施設果菜類の高品質・高生産技術の確立 (3)量管理法及び培地耕を組み合わせた長期多段どりトマト多収生産技術の確立

Ⅰ 経営の規模拡大や収益力の強化に向けた研究の推進 [3] 野菜の高品質・高生産技術の確立 1 施設果菜類の高品質・高生産技術の確立 (3)量管理法及び培地耕を組み合わせた長期多段どりトマト多収生産技術の確立

県名千葉県
研究機関名千葉県農林総合研究センター
課題種別試験研究課題
研究期間継H28~30
年度2017
概要 軒高2m程度の慣行ハウスにおいて、年35t/10aの収量を達成する安定多収生産技術の確立を目指し、長期多段どり栽培における培地耕と量管理法を組み合わせ、品種及び栽植密度、施肥水準の違いがトマトの収量に及ぼす影響を明らかにした。
 
研究分担野菜
予算区分県単
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030247385
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat