Ⅰ 経営の規模拡大や収益力の強化に向けた研究の推進 [3] 野菜の高品質・高生産技術の確立 2 露地野菜の安定生産技術の確立 (3)ヤマトイモの機械化に適する高畦栽培技術の確立

Ⅰ 経営の規模拡大や収益力の強化に向けた研究の推進 [3] 野菜の高品質・高生産技術の確立 2 露地野菜の安定生産技術の確立 (3)ヤマトイモの機械化に適する高畦栽培技術の確立

県名千葉県
研究機関名千葉県農林総合研究センター
課題種別試験研究課題
研究期間継H28~30
年度2017
概要 慣行露地栽培に比べて平高畦、高畦の順に収量・形状が優れたが、平高畦はいもが長く、機械収穫による損傷は高畦に比べて多かった。施肥方法は、全量基肥で窒素施用量が少ないほどいもが短くなり、機械収穫に有利になると推測された。
研究分担畑地利用
予算区分県単
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030247390
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat