Ⅰ 経営の規模拡大や収益力の強化に向けた研究の推進 [4] 果樹の高品質・安定生産技術の確立 1 落葉果樹の高品質果実生産技術の確立  (2)圃場診断に基づいたいや地現象軽減技術体系の確立 1)二ホンナシ栽培跡地のいや地現象の発生リスク測定法の開発                                  

Ⅰ 経営の規模拡大や収益力の強化に向けた研究の推進 [4] 果樹の高品質・安定生産技術の確立 1 落葉果樹の高品質果実生産技術の確立  (2)圃場診断に基づいたいや地現象軽減技術体系の確立 1)二ホンナシ栽培跡地のいや地現象の発生リスク測定法の開発                                  

県名千葉県
研究機関名千葉県農林総合研究センター
課題種別試験研究課題
研究期間継H29~31
年度2017
概要 根圏土壌法を応用して、ニホンナシでのいや地現象の発生リスクを測定するための温度条件などを明らかにした。また、発生リスクの高い土壌を段階的に希釈し、段階的に跡地土壌を新土で希釈すると、希釈率が高いほど阻害率は低下かった。このことから、根圏土壌法は、ナシのいや地リスクを測定する方法として活用できる可能性があることが明らかになった。
研究分担果樹
予算区分県単
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030247411
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat