Ⅱ 千葉ブランドとなる新品種の迅速な開発と普及定着 [8] 千葉県を元気にするオリジナル品種の開発・定着促進 1 千葉県の新たな時代を切り開くオリジナル品種の開発  (1)高品質で特徴のある品種の開発 6)大果で良食味のビワ品種の育成                                     

Ⅱ 千葉ブランドとなる新品種の迅速な開発と普及定着 [8] 千葉県を元気にするオリジナル品種の開発・定着促進 1 千葉県の新たな時代を切り開くオリジナル品種の開発  (1)高品質で特徴のある品種の開発 6)大果で良食味のビワ品種の育成                                     

県名千葉県
研究機関名千葉県農林総合研究センター
課題種別試験研究課題
研究期間継H29~33
年度2017
概要 大果で良食味を前提とし、露地栽培では耐寒性を、施設栽培では早熟性や高温障害の発生程度を重視した選抜を行い、新品種を育成する。有望3系統(「千葉L1号」~「千葉L3号」)については、大果、外観良好、良食味の特性が確認された。また、生産者の食味評価は概ね良好であった。また、これらに続く系統の選抜も行い、新たに1系統を有望系統候補とした。
研究分担特産果樹
予算区分県単
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030247461
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat