Ⅱ 千葉ブランドとなる新品種の迅速な開発と普及定着 [9] 農作物の育種、品種識別のためのバイオテクノロジー手法の開発 2 品種保護に向けたDNA品種識別技術確立  (1)カラーの品種識別技術の開発                                     

Ⅱ 千葉ブランドとなる新品種の迅速な開発と普及定着 [9] 農作物の育種、品種識別のためのバイオテクノロジー手法の開発 2 品種保護に向けたDNA品種識別技術確立  (1)カラーの品種識別技術の開発                                     

県名千葉県
研究機関名千葉県農林総合研究センター
課題種別試験研究課題
研究期間継H28~30
年度2017
概要 本年度得られたDNA多型解析データ及び過去に得た解析データを精査し、安定してDNA多型を確認できた26個の品種識別用DNAマーカーを選定した。本DNAマーカーを用いたDNA鑑定技術をカラーの品種識別法としてとりまとめ、マニュアル(暫定版)を作成した。

研究分担生物工学
予算区分
受託
(独立行政法人)
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030247477
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat