Ⅳ 環境にやさしい農業を推進する研究の強化 [13] 農業生産環境の維持管理技術の確立 2 環境に配慮したネギ黒腐菌核病総合対策システムの構築 (1)土壌くん蒸剤の揮散低減と薬効確保に向けたくん蒸条件の解明                                     

Ⅳ 環境にやさしい農業を推進する研究の強化 [13] 農業生産環境の維持管理技術の確立 2 環境に配慮したネギ黒腐菌核病総合対策システムの構築 (1)土壌くん蒸剤の揮散低減と薬効確保に向けたくん蒸条件の解明                                     

県名千葉県
研究機関名千葉県農林総合研究センター
課題種別試験研究課題
研究期間継H29~32
年度2017
概要 砂質土において、土壌くん蒸時にガスバリア性フィルムで被覆することによる土壌空気中の薬剤濃度の向上効果を評価した。ガスバリア性フィルムで被覆すると、ポリフィルムで被覆したときと比べて積算濃度(薬効に関与する)が数倍高くなった。

研究分担土壌環境
予算区分県単

パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030247518
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat