Ⅳ 環境にやさしい農業を推進する研究の強化 [14] 安全な食料生産に寄与するリスク管理対策 2 農林業分野における放射性セシウムの低減対策とモニタリング調査 (4)放射能汚染地域におけるシイタケ原木林の利用再開・再生技術の開発                                     

Ⅳ 環境にやさしい農業を推進する研究の強化 [14] 安全な食料生産に寄与するリスク管理対策 2 農林業分野における放射性セシウムの低減対策とモニタリング調査 (4)放射能汚染地域におけるシイタケ原木林の利用再開・再生技術の開発                                     

県名千葉県
研究機関名千葉県農林総合研究センター
課題種別試験研究課題
研究期間継H28~30
年度2017
概要 放射性セシウム濃度の低いシイタケ原木林を育成するために、加里施用による放射性セシウム濃度の低減効果を明らかにする。本年度は加里施用した原木林、萌芽枝及び植栽苗木において、施用1年目の放射性セシウム濃度を測定した。塩化加里の散布による薬害は認められなかった。また、人力による加里散布の作業人数を調査し、加里施用コストを試算した。
研究分担森林研
予算区分
受託
(独立行政法人)
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030247527
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat