東京式養液栽培におけるトマトの肥料三要素成分適正範囲

東京式養液栽培におけるトマトの肥料三要素成分適正範囲

県名東京都
研究機関名東京都
課題種別試験研究課題
研究期間新H30-33
年度2017
概要東京式養液栽培システムは、廃液が出ないため環境にやさしく、少ない設備投資で導入できるため、規模の小さい東京農業に適合したものである。しかし他システムにない大きい培地槽の特性や、無廃液による肥料要素の蓄積等は未解明であり、健全な栽培管理に欠かせない生育障害の診断や回避方法は不明である。
そこで広く栽培されているトマトを用いて培地の特性を把握し、あわせて障害発生条件の検討を行い、養液栽培に関する診断基準を策定する際の資料とする。
研究分担生産環境科
予算区分都単
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030247717
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat